知ってる?石垣のB級グルメ〜簡単レシピ『からそば』に挑戦〜

石垣島のB級グルメ、『からそば』をご存知だろうか。
八重山そばの麺に具材を混ぜたもので、本土でいう「油そば」に似ている。
今回ご紹介する『簡単からそば』は、かつて土木関係や海人の男たちが食べ始め、最近では学
生や若い社会人など、時間やお金、手間をかけずに、さっと食べられて、腹を満たせるものを
求めている人たちの間で、じわじわと知られてきている。

〜簡単からそばレシピ〜
材料:八重山そば、袋、好みの具材
手順:八重山そばと具材を袋の中で混ぜる。

以上。

なんとも簡単で、お財布にも優しい。

今回挑戦した具材は、いわしの蒲焼の缶詰。そばも合わせると合計323円。

いざ実食。点数をつけるとすれば100点満点中15点という感じだ。お世辞にも、決して美
味しいとは言えなかった。敗因は明確であり、選んだ缶詰が油っこすぎた。ただでさえも油が
絡められている麺に対し、油分が多めの缶詰を選んでしまったことで、味よりも油っこさが優
ってしまった。

袋売りされている八重山そばの麺は、一度茹でたのちに油が絡められているため、混ぜる具材
との油分のバランスは、からそばの味を大きく左右するようだ。

今回混ぜたイワシの蒲焼缶は相性が良好とは言えなかったが、材料費、材料の手に入りやすさ、手間のかからなさなどから見て、引き続き研究のしがいがあるB級グルメと言えるだろう。

 

どの缶詰が美味しい『簡単からそば』にめぐり合わせてくれるのかと、次の挑戦を心に決める。

この記事を書いた人

前川夏也 Natsuya Maekawa

1995年 千葉県松戸市生まれ
北海道、鹿児島、埼玉、オーストラリアでの生活を経て、南国の雰囲気に魅力を感じ、2018年から石垣島に移住。